脱・メンドクセー? 

カテゴリ:HGUCリックドムツヴァイ


リックドムの製作記事もこれで最後。
結局、電飾はまだ仕込みきれていないのですが余分なコードの整理とハンダ付けさえ終われば…ってとこなので、気が向いたら…。

上の写真は基本塗装終了状態のモノ。

ちょっと前に、日頃の気の持ち方が重要というようなことを書きました。
それはオフ会で別次元のモノと思えるような作品を生み出す方々のお話を聞いて更に痛感するに至り、「メンドクセー」なんて言ってらんねーな…と思ったり。

で、早速その辺を実践してみたり…。

これまでなら上の写真から
1.デカールをテキトーに切り出して貼り
2.全部同じ暗い色でスミ入れ
3.つや消し吹いて
4.粗隠しの為やや汚く(ウォッシング等)して終わり。

今回は上の写真から
1.全体を一度光沢クリアを吹き
2.デカールは余計な部分を慎重に切り抜いて貼り
3.さらに光沢クリア吹いて様子みて
4.部位ごとに色を変えてスミ入れ
5.つや消し吹いて
6.なんか綺麗に仕上がったので終わり。

珍しく表面処理頑張ってたのも良かったんだと思うけど、最後のツヤ消しスプレーは模型用じゃないのを使ったもんで粒子が粗くて台無しに…。(今までの作り方だったら気にならなかったんだが…)

グラデは不可能なんで単調な仕上がりだけど、今までで一番キレイに仕上がったガンプラかもしれないほどの結果が得られビックリした。上の手順は"私でも出来るバージョン"なので、聞いた手法ならばもっとキレイになると思うと恐ろしい…。その為にはエアブラシが…

でもね、やっぱ「メンドクサカッタ」ですよ…。自分のスタイルに組み込めればなんてことないんでしょうけど、私のやり方だとなんか厚ぼったい感じになってしまうし…。

しかーし、これでしばらくガンプラは作らなくなるけど、他のキットでも少しずつメンドクセーを頑張ってこなしてみようという気持ちは芽生えたばっちなのでした。

関連タグ:HGUC リック ドム ツヴァイ

やっぱ、どむっすよ 

カテゴリ:HGUCドム/リックドム

瞬間接着剤と目立てヤスリを買いにひさーしぶりに模型店へ。
そしたらHGUCドムが発売されておりました。

黒い三連星バージョンもあったのですが、ビームバズーカが付いてなかったっぽい(しっかりと確認したわけではありませぬ)ので、ひょっとしてコンパチじゃないのか?と思い、単体の方を買ってきました。

先程、組上げたのですが、ドムにはちょっとウルサイ私も納得の良キットでございます。つか大絶賛しちゃいますよ~。

ポリパーツが大型化されてしっかりと保持されるようになりましたね。
膝関節が挟み込みになってるのだけど、おかげで抜け落ちないようになったのもありがたい。
肩アーマーの二重構造も感動した。
スカートの裏など装甲裏にモールドが入ったのも(出来れば肩アーマー同様の構成にしてほしかったけど)出来ることをやったという意識が感じられます。

可動範囲に関してもバズーカのグリップに可動が仕込まれたこともあるけど、しっかりと担げたり脇に抱えられたり…。
あとビックリしたのが首。

それからプロポーションも、ジオノやハイコンプロによって目が肥えた私でも大満足でした。個人的にはある意味MGよりも良いかな…と(肩アーマーや靴の形状等)

目立つ部分で惜しまれるはやはり手首…、けどこれはもうしょうがないですな。

ここまでくると肩関節パーツやバーニアパーツの肉抜き穴も手抜きに感じられる。高望み?そんなことはないよねぇ?だって見えるトコだもん…。

つーわけで、あまりの出来の良さに『これをどうしろというのだ?』状態の私であります…。

まぁ、おかげでWMに集中できるってなもんですが…。

関連タグ:HGUC ドム

ドム 

カテゴリ:HGUCドム/リックドム

060201001.jpg 060201002.jpg

これといってやることが無いんですよねぇ…。
だから更新しようにも…って感じでした。

とりあえず、気になったのは胸部肩の付け根の合わせ目のトコ。平面じゃないのでビッと削って平面に。

あと前腕手首のリストバンド(?)も半端な感じなので面出し。

後ろのスカートのフチは段差を無くしてアニメ調に厚く。

あ、後ろのスカートと腰サイドアーマー(?)の接する部分は隙間が空いてるので埋めたほうがイイ!

手首はキットのパーツを活かしてもうちょっと自然な風に…って感じに(したい)。

懐キットと違ってパーツ精度は高いし、プロポーションも文句は無いので、ヘタなディティールアップよりも無いモノ(再現されて無いモノ)を作るべし!ってことでコクピットハッチを開けられると良いなぁ…と弄りちう。

股間下のポリは見栄えがイマイチなんだけど後で役に立ちそうなので、もうちょっと不自然に見えないようにしたい。

と、まぁ毎日少しずつチビチビと弄っております。

関連タグ:HGUC ドム

ドム(その2) 

カテゴリ:HGUCドム/リックドム

 06020401.jpg060204002.jpg06020402.jpg

手首とコクピット。
とりあえずこんなもんで…。

早く塗りたい…。

関連タグ:HGUC ドム

完全に無理 

カテゴリ:HGUCドム/リックドム

今月中にHGUCドムを完成させることは無理!!
という事態に陥ったので『どーすっかなー…』と思ったのだけど、まだ2週間あるのでなんとか参加する方法は無いかと考えてある策を講じました。

どんな策を講じたかは参加できたら作品コメントにて明かしますが、とにかく8月もモチベーションがどうこう以前にプラモ作ってる時間が取れなそうなので、参加予定キットをひとつに減らした懐コンすらヤバイです。

ま、無理してもしょうがないので、出来る範囲で頑張ります。

関連タグ:HGUC ドム

HGUCゲルググ 

カテゴリ:HGUCゲルググ

懐コン4の終了を間近に控え、参加を断念したら逆にスッキリしたので何となくHGUCシャア専用ゲルググを組んでみました。

ガンプラとして、非常によくできたキットであることは間違いないと思います。
(後ハメしにくい肘、膝関節はブーイングの元になってるのかしら?それとももう工作法が紹介されてたりするのかな?)

が、しかしゲルググというMSに対する私の持つイメージを加味した立体物としてはジオノグラフィのゲルググの法が好みでして、しばらく両者を並べて眺めていたのですが結局HGUCゲルググはこれで良いという結論に。

もちろん初めてのHGUCゲルググということでの判断ですが、ゲルググというMSもザク同様落としどころの難しいMSなので、チャレンジすることはないと思われ。

とりあえず、今年作ったUCドムと同じよう(デザート仕様?)に作りたいと思っています。


関連タグ:HGUC ゲルググ

HGUCゲルググ(2) 

カテゴリ:HGUCゲルググ

個人の弱小ブログですから言いたいこと言わせといてください。

『1.オールドファン好みの太めの体形?』

何を基準に言っている?

『2.ABSパーツの挟み込みを多用したモデラー泣かせ?』

その程度の手間、モデラーは泣きはせんわ!
泣くのはオモチャキットに慣れたガンプラモデラーだけじゃろ。

1の評価に悩まされ、2の評価は好感的に受け止めているばっちでございます。

今日は画像なんぞも用意いたしましたが、発売から一ヶ月以上経過したとなっては今更ですかね。

そうそう、肩の関節なんですが、胸部側で軸を支えてるポリパーツ、一軸で支えるには無理があるんでは?

胸部パーツと肩アーマーの隙間もなんか嫌…
ゲルググキャノンの蛇腹っぽいパーツを仕込んだ関節の方が良いよ~。

あとは可動の為に大きく切り欠かれたパーツがちょいと気になるし、スカートを分割されている点も可動後の見栄えがどうしようもないのでいらなかったと思う。

股関節の構造はもう一息。

と、気になったんだったらそこを改修すべきんんだろうけど、素材の旬な時期からくる製作期間とここ最近の私のモチベーションとのバランスを考えると無理をしない方が無難…か?


DSCN0008.jpg DSCN0009.jpg DSCN0010.jpg

関連タグ:ゲルググ HGUC

HGUCゲルググ(3) 

カテゴリ:HGUCゲルググ

HGUCゲルググってキット、噛めば噛むほど味が出るっつーか、いろいろと脳を刺激してくれる良キットですな。

んで、『こうしたいなー』という点として、腿は説明書のイラストばりにもっとぶっとく、下脚は左右対称にしたいなーとかあるんだけど、果たしてそれをやって元より良くなるのか?という問題があるので今回はヤメ。

現在の様子
ゲルググ ゲルググ
先日よりも自分好みの立ち姿を見つけた(とらせられるようになった)

角ナシ量産型仕様。
肩と胸部との隙間は無い方が好みなので密着するように余計なものを削り取った。がそれでもイマイチで勢いに任せて元の関節のダボ穴を削ってしまったので胸部側関節は新造しないといけなくなった(自爆)

隠すほどのことでも無いのでネタばらししてしまうが、MSVデザートザクのバックパックをほぼそのまま背負わせる予定。

番ちゃんさんとこの『ゲルコン』に参加できれば良いと思うが…。

明日の晩はディティールに関して一考。

関連タグ:ゲルググ HGUC

HGUCゲルググ(4) 

カテゴリ:HGUCゲルググ

路線変更

デザートザクのバックパックを背負わせる計画中止。
「ありがち」なんでね、オリジナルバックパックの製作に着手。

所詮、私程度の発想で作れるモンなんてやはり「ありがち」に終わりそうですが…コンペに出すことを意識したらちょっとは手の込んだひとネタ、ふたネタ位は入れておかないといかんかなー?ってな感じで。
とりあえず初見のインパクトで「ほうっ」って見て貰えるわかりやすい方向で攻めようかと…

関連タグ:HGUC ゲルググ

HGUCゲルググ(5) 

カテゴリ:HGUCゲルググ

ゲルググ

私なりに頑張ってチマチマと弄りました。(よくわかんねーな…)

後先考えずダボを切り取って使えモノにならなくなった肩関節も頑張って新造しましたよ。(ボールジョイント埋め込んだだけですが…)
肩の丸いパーツをちょっと削ってしまりのなかった脇も解消され良い感じになりますた。

あとはスジボリね。マスターグレードのゲルググに施されていたパターンをトレースしております。
ひとによってはウザいと感じられるかもしれませんが、ジオノグラフィのゲルググを目の前に置いての製作ではHGUCのキットのままではアッサリし過ぎに感じられ、しかもコンペに出すかもしれないとゆーことで、大改修とはいかないけどちょっとは素組み感を消そうかと…。

あとAceさんの『ゲルコン参加「シャア専用ゲルググ」その1』に従い肩アーマーのトンガリ化もした!

それから、可動の為に大きく切り欠かれた肘、なんも考えずプラ板で塞いじまったよ。(そういやプラ板ってプラバンって読むの?それともプライタ?ま、どーでもいいけど…)
まだやってないけど、おそらく膝の裏も埋めると思います。
が、いずれもちょっとは切り欠かないといかんでしょーな。

あとはちっさい長方形モールドを彫りたいな…と思って精密ドライバーを磨いで作ったノミで彫る練習してみたのだけど、うまくいかんのでポチポチっと丸い穴で済ますかもしれん。

それにしてもガンプラはパーツの精度も良いし、資料も多いしそれでいて自由に楽しく作れるねぇ~。まさに気楽!

関連タグ:ゲルググ HGUC