スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地上戦セットというよりIGLOO2重力戦線セット? 

カテゴリ:HGUCザク地上戦セット

ブログのデザインがそういうわけではありませんが、ザクとゲルググを作る妄想盛んな今日この頃です。

GyaoでIGLOOを見たのがキッカケ。ちょっと細いけどIGLOOザクは良いですな。
ゲルググの活躍シーンも多くて嬉しかったですよ。

IGLOO2重力戦線も気になりますが、行きつけのツタヤではいつもレンタル中なのよね。

61戦車が1/144で出るということですが、それよりも私的にはワッパですな。
まさか出るとはなぁ…10機くらい欲しいよなぁ…。

フィギュアも付属ってことですが、アムロとか赤い人とか黒い3人組とか青いオッサンとか壷好きな人出してくれれば良いのになぁ…。

こうした小物、フィギュアへのあこがれっつーのは砂漠の駐屯地とか先日の雑誌掲載作例ディオラマの影響。

そういや春にはようやくMGでフルアーマーが出るとか…?
中の人はどうなるんでしょうね?
スポンサーサイト

久しぶりにプラモ買ったよ 

カテゴリ:HGUCザク地上戦セット

というわけで、身重の嫁が検査に病院行ってる間に某大型家電量販店にて最新の1/144ザク(HGUC 1/144 ザク地上戦セット)をゲット♪
といっても、オマケ付きのHGUCザクなわけだが…orz

これまでにHGUCザクはシャアザク5個、ガルマ2個、量産型2個は買っているのだが、ちゃんと完成させた記憶は5個くらいしか無い。

HGUCザク自体リリース直後はHGUC化に歓喜したものだけど、私の中ではすぐにダメキットに分類されてしまった。

ダメな点は後で詳述するが、大きなポイントはザクが量産型モビルスーツであり、これをベースにたくさん作りたいという願望が根底にあること。
つまり、ベースとなるキットなんだから不満の無いものを楽に組みたいというわけだ。

もっとも、1/144で私が満足してしまうザクがリリースされていたらプラモデルやめていたかもしれないわけだが…。<いつか理想のザクを作ることが目標なので

というわけで、嫁が検査疲れで横になってる隙に組んでみたぞ。
やっぱりHGUCザクはイマイチだなぁ…。

まずはMGver.2.0(左)との比較。
量産型とは整形色が変わったのかな?
MGver.2.0と同じになってるよ。

関連タグ:HGUC ザク

HGUCザク・定番工作(1) 

カテゴリ:HGUCザク地上戦セット

頭部の跡ハメと動力パイプ基部の新造


HGUCザク

私はザクの頭部形状に関してはあまりコダワリがありません。
許せないキットといえば初代1/144キットくらいじゃないかなぁ…。

最近のはどれもそれなりに見れるので。
とりあえずキッチリ記号さえ揃ってれば問題無し。
極端にぺっちゃんこだったり頭頂部がとがってたりする方が不自然。

ザクの頭部は形状よりむしろ動力パイプの方が重要だと思う。

さて、HGUCザクは頭部が上下の2パーツに分割されているので合わせ目が気になります。
接着してしまうとモノアイが入れられなくなるので、上の写真のように下側を刳り貫いて後からモノアイがハメられるようにするのが定番です。

写真ではパイプ基部含め、まだ綺麗に整形し終わっていませんが、モノアイをどんなディティールで仕上げるかを悩みつつ他を弄っていきます。


関連タグ:HGUC ザク 定番工作

HGUCザク・定番工作(2) 

カテゴリ:HGUCザク地上戦セット

足の甲のパーツの別パーツ&可動工作



HGUCザク

これも定番中の定番ですな。
上の画像は切り離して整形しただけですが、接続方法はポリパーツやボールジョイント、スプリングなどの手法がとられます。

私のザクの切り取った甲のパーツはこの後幅を詰めてボールジョイントで接続しようと思います。

それからHGUCザクの足はソール、甲側ともに縁にバンダイエッジがビッシリ入ってます。
ザクの場合、これが非常に見る目に耐えないので削り落とした方が良いでしょう。


関連タグ:HGUC ザク 定番工作

HGUCザク・定番工作(3) 

カテゴリ:HGUCザク地上戦セット

チラッと見えるダボの処理


HGUCザク

(比較写真じゃなくてスミマセン)
写真では既に削り取ってしまってわからないかもしれませんが、脹脛の裏側、アキレス腱の後ろ辺りにダボがあるんです。

ふつうに立ちポーズさせてるだけならほとんど見えることは無いので問題ないのですが、スタンド使って浮遊状態や、倒れたポーズなどでは見えるし、F型やS型などでスラスター増設する場合にはやはり邪魔になるので、処理しておいた方が良いでしょう。


関連タグ:HGUC ザク 定番工作

HGUCザク・定番工作(4) 

カテゴリ:HGUCザク地上戦セット

バンダイエッジの処理


HGUCザク

バンダイエッジに関しては、ジムとかガンダムなどの連邦系ならある程度許せてしまったりする私です。
しかしながらHGUCザクのバンダイエッジはうんざりします。

一昨日の記事に書いた足の甲のパーツもそうですが、スカートも酷いことになっています。
しかもパーツが薄いので処理も気を使うし、せめてもうちょっと厚みがあれば楽だったのに…と思います。(裏打ちして作業すれば良いというのは言わないでー)

それにしても、スカートの厚みが気になるのって私だけ?

私の中ではザクのスカートってある程度厚みがあって、シンプルな面で構成されたツライチってイメージがあります。
確かにブ厚過ぎるとシルエットも崩れるし、タイトにし過ぎると可動に支障が出るしなかなか難しいポイントだとは思います。

とりあえず今回はまずカンナかけの要領でエッジを無くしてその後、ペーパーで面を整えるといった感じで処理しています。

それから写真はありませんが、肩の四角のブロック、それから上腕パーツも要削りこみパーツです。
こっちはバンダイエッジではなくて、各面が平らではないのが問題。
まったく、なぜ平面でないのか?が謎です(--;)


関連タグ:HGUC ザク 定番工作

HGUCザク・定番工作(5) 

カテゴリ:HGUCザク地上戦セット

ランドセルはどうすんのさ?


HGUCザク

ランドセルはお好みで別のキットから流用するなり、スクラッチするなりイロイロと凝れる場所であり、ひとつの見せ場。

今回私はキットベース。

設定イメージなら薄っぺらなランドセルにするが、今回はキットパーツを尊重しつつの工作してみる。
各面にRが付いてるのでやすってフラットに。
上部の凹部を刳り貫いた。

下部は方向性がきまってないので放置だが、恐らく刳り貫いて詰め物することになると思います。

関連タグ:HGUC ザク

HGUCザク・定番工作(6) 

カテゴリ:HGUCザク地上戦セット

スパイクアーマーの諸問題への対応



HGUCザクというキットには個人的に「どうしてこんな風にしちゃったの?」と感じられる不可解な謎ポイントがいくつかありまして、その中でもこのスパイクアーマーには複数の問題点を抱えています。

1つ目の問題点は定番工作(3)で扱ったのと同じチラ見えるダボの問題、2つ目は肩との接続方法の問題、3つ目が縁のラインです。

↓左の画像が胸部側から撮ったもので、右が腕側から撮ったもの。
HGUCザク HGUCザク


ザクにとってスパイクアーマーは非常に重要な記号だと思います。
ザクの作例を見るときにはスパイクアーマーを見るだけで、その人のザクへの愛情が判ると言われているくらいです。

嘘はさておき、HGUCザクの作り方として私としてはスパイクを金属パーツにする位ならその前に上の3つの問題点は処理しろと言いたい。

ここを対処せずしてマシンガンやバズーカの両手持ち構えポーズをとらせられようか?ってなもんです。(私自身、発売当初に作ったもので恥さらしていますが、それは若気のナントカ)

今回の私の場合、可動はあまり意識してませんし、チラ見え問題もそれほど大きな問題でもないと思うので、縁だけ修正して、肩の上側でのボールジョイント接続にて対応すると思います。



関連タグ:HGUC ザク

HGUCザク・定番じゃない工作(1) 

カテゴリ:HGUCザク地上戦セット

前腕を削りこんでひと回り小さく見せよう


HGUCザク

なんだか全体的にぷっくらと腫れあがったように感じた前腕。

本当は関節部にある丸モールドからして若干オーバーサイズのように感じられるのだけど、これを削って丸をキープするのは大変なので周囲を削り込んでみた。

個人的にはもっとプリン形状を強調(コッチの方が定番工作かもね)したいと思ったのだけど、前腕が大きく感じられることのほうが気になったのでこれで妥協。

ペーパーで仕上げる。

これまでの工作紹介にもれず、修正後のパーツ画像は後ほどまとめてアップします。

関連タグ:HGUC ザク 定番工作

HGUCザク・定番じゃない工作(2) 

カテゴリ:HGUCザク地上戦セット

HGUCザク

上の写真は前腕を削り込む前のものです。

上の写真だとイマイチ全貌が掴みにくいですが、本人いたって上機嫌♪
初心に帰って久しぶりのガンプラ、しかもザクだもんね!
モチベーション優先でこいつにとりかかっていますが、ここまでは思いのほか順調っす。

さて、ここ数日はHGUCザクの定番工作を書いてきました。
どの程度定番かはちと疑問です。
というのも昨今の状況を踏まえれば、可動を重視してHGUC旧ザクとミキシングビルドするという方法があるからです。

ただ、HGUCザク系の根本的な問題が解消されるわけではないのではありません。
これまで紹介してきた定番工作は旧ザクにだって必要なものだもの。

それから今回は手元にパーツや素材で工作を済ませよう!というリーズナブル工作だもん。


というわけで、

・肩の付け根に0.5ミリプラ板貼り付け
・大腿部3.5ミリ延長
・脛約2ミリ幅詰め


結構、積年の経験に基づく計算ずくの改修だがどうなるっ?


それから、どーでも良い話なんですが…


関連タグ:HGUC ザク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。