スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100円アイテムで 

カテゴリ:HGUCリックドムツヴァイ

050801.jpg

夏祭り準備の為、知人と100円ショップに行ってデコレーション・プチライトというものを買って使ったんです。今まで何度も行ったことある100円ショップだったのに、こんなものがあるなんて知らなかったなぁ…。

LEDの数は20個。点滅と常時点灯の2種類があって、色は緑と赤がありました。これで100円という価格が魅力的♪

模型用にもいろんな使い方が考えられる魅力的な商品です。
こんなイカすものをなんで誰も取り上げてくれなかったんだろうか?
で、いずれはディオラマの電飾用にと思い購入したのも束の間、HY2MばりにHGUCリックドム2を光らせまくることを思いついたのであります。
で、他にも細々したものを用意。

バーニアが脚に3×2、脹脛に3×2、スカートに5、背中に2なので19個
頭部は緑のLEDで、合わせて20個入れる予定。

それにしてもリックドム2のモノアイはなんで緑なんだろう?
でも他のMSと同じピンクだったら電飾するの敬遠したかもなぁ…。
モノアイは赤じゃなくてピンクだもん(拘りw)

もっとも、バーニアに関しても『赤よりも白の方が良いんじゃねーの?』ってことを仕込み工作中に思ったりもしたのだけど、ソレはソレw
見えないところのオシャレには充分かと…。

とりあえず本体の方には背中とスカートの方の7つ程LED仕込み工作を終了。
塗装してから配線&固定処理する為、もうちょっと煮詰める部分はあるけれど、設置スペースに関しては問題無しみたい。

050802.jpg


電気工作はまともにやったことなかったから不安のあった部分。
でもちゃんと点くことが確認できてるアイテムを使うわけだし、既に複数のLEDが繋がってるので扱いは豆電球(小学校の理科レベル)感覚。

注意点としては+と-を間違えないこと。逆にするとLEDは点かない。
つーことは豆電球のように直列には繋げない。
なるほど、どおりで20個もあるのに全部同じ明るさなわけだ。(そーなのか?)

しかし全てを並列で配線しなきゃならんとなるとゴチャゴチャしてしまいそう。しかし、これも配線済み市販品使うので随分と手間を省けそうですぞ。

問題は電源。
単三電池を2個直列に繋がないと点かないんですねー。(一個では点かない。並列は試していない)

これはまぁ、深く考えずにとっとと外部に電源を配置する方法を考えました。DCジャック&プラグという商品、キットとベースを繋ぐ役割もするので一番細いものより一回り太めをチョイス。対応電圧がよくわかんなかったので不安でしたが上の写真のとおりなんとか点灯して「ホッ」
でもちと暗いか?イヤイヤこんなもんで良いでしょう?(どっち?)
とりあえず、いきあたりばったり工作なのですw

あ、ベース写真取るの忘れた。
ベースも100円ショップで買ってきた木製で黒く塗られた六角形の小物入れ。お手軽に安く済ませます。(しかし電池ボックスが一体化されたスイッチのスペース分入らなかった…。スイッチは別のトグルスイッチを使うので問題ないが、切り詰め工作めんどくせーな…)

あ、今思いついたんだけど、この電源入りベースって使いまわし効くんじゃね?

それにしても1.5ミリアルミ線でリックドム2を保持できるだろうか?
ソコが心配…。
スポンサーサイト

関連タグ:HGUC リック ドム ツヴァイ

先が見えん 

カテゴリ:HGUCリックドムツヴァイ

製作が(自己の予定より)遅れてます。
電飾仕込むなんて思いついちゃったのが原因なので自業自得。

100円ショップで売ってる例のアイテムはその後何度かの点灯実験で点かなくなるものもあったのでやはり安物ゆえ仕方ないのか?と…。(20個全部が点く姿は見られないかもしれない…。)

本体の工作はどれもこれも地味なことばかり、最初はよかったけどさすがに最近飽きてきた。
表面処理よりはましなんだが…。
もっとも、これでも当初の気になった点に随分と目を瞑りつつの工作。
でも妥協のし過ぎはほどほどにってことで、現状把握と今後、何をするかを考える。




・スカートのフチのライン修正
・頭部モノアイ作成
・肩アーマーの内部のディティールアップ
・各部やすって面だし

手首はハイディティールマニピュレーターのリックドム2用はちょっと小さく感じたのでキットのもので良いや…。
ただ握り手にしまりが無いのがちょっとね。気が向いたら作ろう。

関連タグ:HGUC リック ドム ツヴァイ

あぢぃ~ 

カテゴリ:HGUCリックドムツヴァイ

暑さには結構強いと思ってた私もここ数日の猛暑には閉口…。
昨日なんか日中ずっと頭痛してました。

でもプラモの手は止めません。
先日飽きてきたと書きましたが、ここで手を止めたら最低数週間に及ぶ放置期間に入ってしまいそうな気がするし…。
少しの時間でも良いから毎日触ろうと意識しています。

お盆に入るとそうもいかなくなりそうなのでね。それまでにLEDを仕込んで点灯実験までは工作を進めておきたいところです。

050805.jpg


ベースとの兼ね合いをテスト
ジャイアントバズは脇に抱える、コレ基本(謎)
支柱は1.5ミリのアルミ線では保持力不足だったので2ミリの銅線に変更しました。
ドムとの接続場所はどこにするか、尻と背中とで悩んだのだけど、やはり背中が良いですね。
あと胸部から腰部にコードを通す為の穴をあけました。
腿はどこに穴を開けようか迷ってます。
膝はディティールアップの為に付けたコードが電飾用にも使える!すげーナイス♪

関連タグ:HGUC リック ドム ツヴァイ

つきます 

カテゴリ:HGUCリックドムツヴァイ

05081001.jpg

とりあえず点くんです。

05081002.jpg

でもコード類が収まりきらんのですわ(--;
初めッから薄々気付いていたんですが、コードを短くするくらいではダメ。しゃーないのでもうちょっと几帳面にやってみることにします。めんどくせー

05081003.jpg

モノアイも点きます。

05081004.jpg


でもまだ後ろはこんな状態です。
バックパックやスカート、脹脛は問題なし。
あとは背中の接続基部をちゃんと位置決めせねば…。

関連タグ:HGUC リック ドム ツヴァイ

夏休み 

カテゴリ:雑記

私、今週末から夏休みです。
フツーの社会人モデラーなら、ここぞとばかりに模型に裂く時間が増えるのでしょうが、私の場合連休になると生活のリズムが変わってしまい、あまりプラモを触らなくなってしまうんですよねぇ…。

とりあえず、リックドム2は自分的に珍しいコト(電飾)をやっていることもあり、キッチリ締め切り(9/15)に間に合わせたいトコロ…。(結構キビシイかも…一昨年の寒ジムの二の舞かもしれん)

でも間に合えばAT触る時間が取れるかも…。
そういや8/26にはWM再販あるしなぁ…。ダッガーが先かなぁ…。

年末には懐コン3開催と、時間的にキッツイのですが、おかげで手が止まらずに済みます。

懐コン3といえば…
もぐタンさんのバルディオスが本格始動。キットの持ち味を活かした現代風のアレンジと可動工作、そして丁寧な仕上げが素晴らしい氏が、あの不遇の名作アニメの主役メカ、バルディオスをどう料理してくるのか非常に楽しみです。

それから…
ウチのドムが刺激になったのかしら?(^^)
しょうい。さんがハイゴッグ製作開始。電飾にチャレンジしてます。
電池ボックス自作デスネー。
前にも書いたけど、ピンクのLED、しかももっと径の小さいやつがあれば良いのになぁ…。(ワガママ)
なにはともあれフル可動とかにする工作から比べるとコッチの分野の方が私の趣向(小型モデル無可動展示&ジオラマ指向)に合う、面白い表現だと感じてます。

浮いたー 

カテゴリ:HGUCリックドムツヴァイ

今年は近親者の初盆ということもあり、数年ぶりに仏様を墓地まで迎えに行ったのですが、同級生と10年近くぶりの再会をしたり、帰省した友人とパチスロに行くも50K近く負け、あまりにも悔しかったので次の日も行って夕方までに昨日を上回る負債を抱え込んで「やっぱプラモでも作ってれば良かったなぁ…」と思ってたところから8000枚オーバーしちゃったりとなかなか刺激的でした。

ちなみに私はパチスロを打つ時間が無くなって(勝ち辛くなってしまったので)、趣味をプラモにしたといういきさつがあったりして、パチスロ(パチンコ)に関してはかなり語れますw
しかし、ここはオソラクモケイブログなので、関係ない話はヤメときましょう(^^;

で、今日は久しぶりにリックドム2を触りました。
思い切って胴体を真っ二つに切断したり、パーツの成型がオカシイところにプラ片貼って修正したりと、まだまだ基本工作中。

胴体の中には結構なスペースがあるものの、電源接続基部を設置するにはキツキツで股間案とどちらにするか、ここにきてまた迷う。
股間は工作楽なんだけど、展示時にピカらせるとき邪魔なんだよなぁ…。

とりあえず、早めにそれぞれのLEDを仕込んだトコからの配線処理に見通しを立てないと先の工作が進められなくて困るんだな。

これ9/15までに完成させられる自信なくなりました。
すっげー最悪の場合でも、全身シルバー(下地塗装)状態まで持って行きたいのだが…どうなる?



小一時間後…。

05081702.jpg 05081701.jpg

携帯で撮影したもの

結局、背中で行くことに。
保持力充分。でも逆さは無理かなぁ…。
目玉もちゃんと点いたし。
繋がってるとはいえ、本体とは別のところにあるスイッチを入れると電気が点くってなんかソソります。

古い人ならトグルスイッチにもある種の魅力を感じるはず。

スカートに穴が開いているように見えるけど、実はメッシュが貼ってあったりする。
本来の設定はよくわからない。スラスターと思うヒトが多いと思うけど、私は機体冷却の為のモノとし、元のスリット状のモールドは放熱板として再現するつもり。

胸部装甲や胴体切断のせいで、上体がモロイ。
後でバラせないと困るので針金かなんかでピン止めする(←メモ)

なんか、もう既に自己満足度100%オーバー。
だから余計にキッチリ仕上げたい欲も出てきて、HGUCコンペの締め切りは気にしないことにする。

関連タグ:HGUC リック ドム ツヴァイ

一筋縄ではいかん 

カテゴリ:HGUCリックドムツヴァイ

05082101.jpg


20個が繋がっていたダイソーのプチデコレーションライトは切り離され、各点灯箇所の構造にあわせて配線のし直しが必要となり、ようやく脚部の12個が終了。
胴体までの配線にもメドが立ちましたが、塗装後の大腿部にどうやって線を通すんだろ?
それから脚部がやけに重くなってしまい股関節が強度不足になりそうな予感…。
いろいろ悩まされます。

とりあえず先に点灯の確認ができていた背中及びスカート内部も配線をやり直すことにしたので、その間に良い案がでることに期待。

プラモっぽくないことばかりやっていて、早くディティールアップや表面処理をしたいと思う今日この頃…。
つーか、リックドム飽きてきちゃったょ。なんか作業も雑になってきてるし…(--;

今週末再販のWMで気を紛らわせてなんとかがんばんべ…。

関連タグ:HGUC リック ドム ツヴァイ

ダラダラ長文 

カテゴリ:雑記

台風がくるとなぜかプラモ熱あがるんだよなぁ…。
夜遊びせずに家に閉じこもるからだろうか?

それはさておき…。

リックドム2の表面処理を…と思い、サフ(クレオスのMrサーフェーサー1000(徳用)を買いに行くも、模型店2店とも品切れ。
台風通過ってことで、まさに水を差された感じ。

ある程度の傷埋め効果と表面チェックという目的からいえば私には1000が一番あってるのだが…。

前にも数回同じようなことがあって、その度に1200とかホワイト1000とかベースホワイトとかタミヤとか試したけど、やっぱりクレオスのMrサーフェーサー1000(徳用)が良いなぁ。

人によっては厚塗りになるのが嫌!ってことで薄い(粒子の細かい?)サフで何度も吹いてる人もいるんでしょうけど、私には何度もやる根性がありません。精神統一して一発でブシューっとキメます(謎)

さて、話は変わりまして…

ようやくWM再販。
喜び勇んでというわけでもありませんが、お目当てのキットはゲットできました。私ってザブングルって作品が特別好きなわけではないんですけどね。アニメ見てないし…(^^;

でも、それは私が幼少の頃、ガンプラ作り始めた時も同じ。知らないうちにブームになっててね、コミックボンボンという雑誌に掲載された作例とMSV解説記事、そしてプラモ狂四郎の影響が大きかった。アニメは後からなのよね(^^;

ガンプラ同様、WMプラモに魅力を感じたのも同誌の作例の影響が大きかったのだけど、それに輪をかけたのはMSVシリーズのボックスアートも手掛けた故・石橋謙一氏のボックスアート。
プラモ的には白箱で有名な1/100シリーズが大型WMキットの入手のしずらさも手伝って有名みたいだけど、私的にはやっぱ1/144!なのである。(当時、小遣いをガンプラに割いた為、買えたWMが1/144だったということも影響してる)

特に小型WMのデザインが好きな私としましては今回が初めての再販となる小型WMセットはこれまで半ば入手を諦めていたシロモノで嬉しい限り。あと大型WMの中でも特に大きいガラバゴスタイプのボックスアートサイコー。でもキットはイマイチかなー。
あとは出来の良さで定評ある1/100クラブタイプと
以上、買ったものは我ながら渋いセレクト。

で、ついでにリサイクルショップで半額につられなぜかHGUCゲルググJ購入。なんか一気に在庫増えてしまったが後悔はすまい。

なんか、だらだらとした長文になってしまいましたが…。
最後に…。

ZACKさんが戻ってきました\(*^▽^)/*
明日(8/27)の23時過ぎにまったりとチャットする予定
まぁ、当然のごとくオッサン同士のヲタ会話になると思われますが、良かったらどうぞおこしください。

間に合わせるか否か 

カテゴリ:HGUCリックドムツヴァイ



サーフェイサー買ってきて、やっとこさここまできたゎ。

それにしてもラッカーパテっつーのは信用ならねぇ…。
隙間や傷がちゃんと埋まってねぇし…。
もっとも、ソレに気付かない私が悪いんだけどな。
ん~、ヒケなのかなぁ…。

さて、問題はこのまんま塗っちまうかどうか…?
それすなわちコンペに間に合わせるか否かってことなんだが…。

もっとも電飾やってたら間に合わんな…。
背中のプラグ差し込み口の後ハメ固定方法が決まってねーし。

HY2Mのリックドムが21箇所光るってのを最近確認して『あと2つ増やせばHY2M越えじゃん…』という欲も出てきたり…(^^;
しかーし、ひとつは胸の拡散ビームのとこでイケるんだけど、もうひとつ光らせるとこが見当たらん…。

なにはともあれ、辛うじて後から電飾を仕込む為の基本工作は済んでるから、とりあえず塗って仕上げちゃっても良いような気もするのよね…。

むーーーん(悩)、とりあえずあと一回だけラッカーパテにチャンスをあげよう…。

関連タグ:HGUC リック ドム ツヴァイ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。