スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RGM-79というMS(脳内整理) 

カテゴリ:HGUCジムストライカー


クワさんとこのジムコンペの詳細が発表されました。
しかーし、5/13締切ってきっついなー(ーー;)
HGUCコンペはほぼ無理だなー。
(以前は勢いだけで完成させられたんだけど、最近はダメっす…orz)
ジムストライカーはウェラブル・アーマーを半身分削り取るのに2週間かかってるし…。

とりあえず、コンセプトが決まればHGUCゲルのようになんとかなっちゃうかもしれないので、ちょっと構想を練ってみる。

っつーわけで、RGM-79に限定し、私のわかる範囲で単純に資料等からその概要を思い返してみる…。

RGM-79は一年戦争時、連邦軍が開発した量産型MSである。
バリエーション機との区別の為、前期生産型と先行量産型と呼ばれることもある。
しかしRGM-79の形式番号のまま扱われた後期生産型もある。
0083年に試作テストが行われた俗にパワードジムと呼ばれる機体もRGM-79である。

前期生産型ジムはジャブローで第一次生産型が42機生産されたという説がある。(さらにその他の拠点で288機が製造されたという説もあるが、それらは装甲材質等細かい改修が加えられたとある。)

RGMシリーズの生産総数は4000機くらいとどこかにあったはずだから、RGM-79はその一割にも満たないのか…。

外見上の特徴として確定的なのは全高が18mということ。
それだけ…(汗)

じゃあ、実際にプラモであくまでRGM-79ということを意識して作るならば…?

HGUCジムを『素組み!』が間違いないw

む~~~~、理想のRGM-79っていってもなぁ…バンダイを否定してまで目指す方向ってのを見出すもの難しい。
オリジナルバリエーション想像すんのとちょっとハナシが違うもんな。

この為にいくつもHGUCのキットを組み合わせて簡単に個性溢れるジムを再現するのは楽しそうだけど、そんな贅沢はできんし…。

んで、既に私の頭の中にあるのはHGUCの中で新し目のジムストライカーをベースにするってことだったわけだが、コイツは一年戦争中に実戦投入されてることになってるのに、開発中のRGM-79CをベースにしたRGM-79のカスタム機ってことになってやがって、恐らく『RGM-79のカスタム機』ってくだりは他のバリエーションも含む言い方のような気がする。

ジム改とかジムコマンドじゃなく、あくまでRGM-79ジムを作るってのは思ったよりも難題だなぁ…。

顔をひとまわり小さくしたとか脚をいくつ延長したとかして、唯一の確定要素である全高に関して125ミリにならなかったらレギュにある1/144じゃなくなってしまい、調整に苦労しそうなので却下。

とりあえず、ジムストライカーのウェラブルアーマーを全部剥いで『開発中のRGM-79C』ってところから退化させてってみるか…?

そういやBDがHGUC出るとか?
あれ(BD)は陸ジムのラインだよな…?
HG陸ジムをRGM-79のベースキットにするのも面白い気がする。
でも買ってくるのメンドーなので却下。

とりあえず今日はここまで

妄想は続く




関連タグ:ジム

コメント

ばっちさん、宣伝ありがとです♪
と言うか、私の舌足らずなレギュでガンジガラメな感じで申し訳ないです(汗)
常々もう少しレギュを見直そうかと思ってたんで、ちょっと考えてみます~

●クワさん
>と言うか、私の舌足らずなレギュでガンジガラメな感じで申し訳ないです(汗)

クワさんの意図するところは解ってるツモリで、全然がんじがらめとは感じてませんでした。それどころか自由すぎるなぁと…(^^;)
それゆえ私の場合、『間違いなく完成しない!』って思いまして。
(私の目標が『いつか自分の理想のザクを作ること』で、それがいつまでたっても、カタチどころかイメージも固まらないのと同じで…。)

好き勝手に作ったらオリジナルバリエーションになってしまうのは目に見えてて(と言ってもゲルコンに出したモノ程度ですが…)、このエントリーは『自分なりの方向性を明確にしないといかんなぁ~』ってことで始めた妄想です。

設定に関しても、そんなのを私ほど気にして作るひとなんか居ないでしょうし(笑)
その辺は作る人の解釈に任せるってことで、現状で良いと思いますよ~<レギュ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。