スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろんな意味で衰えが… 

カテゴリ:雑記

ジムについて調べる為にネットサーフィンしてたら、自分の心の琴線に触れる作品がいくつもありまして…。
共通してるのはそのいずれもガンプラを使ったディオラマであるってこと。

特にザク好きな私としてはMGザク2.0を使った2ちゃんコンペとか川口名人の作品が記憶に残りましたが、MGザク2.0の片膝を付いたポーズの決まり具合とMGならではの各部の情報量の多さってのは同スケールの小物とのマッチングも良くMGって楽だよな~と負け惜しみ的感想を持ったりしつつも、いずれもいろんな意味で羨ましいというのが本音っす。

情景の構成力であったり、それにともなうストラクチャや小物を製作する技量であったり、それらをひとつにまとめる仕上げのセンスだったり、集中力であったり…、とにかく作品のテーマ以上にディオラマからはいろんなパワーを感じるんですな。

私も手を動かして完成させてナンボって意識は根底にあるのだけど、ちょこっと弄ったHGUCクラスをひとつ完成させるのに数ヶ月もかかってる現状においてはいろんな意味で衰えがきてるのかと感じております。

『 ここには×××なディティールがあって、きっとメカニックはこんな機材使ってメンテして、でも×××なシチュエーションでは設備がねぇからしょうがなく×××な処置が施してあって… 』 というような妄想を膨らませながらのガンプラ製作が私にとっては非常に楽しいのですが、最近は妄想が妄想だけで終わってしまってるから余計にそう思うのかもしれません。

でも、久々に筆とったもんだからちょっとした細かい塗りの際、手震えたもんなぁ…。
肉体的にもキてるか(--;


コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。